top of page

相続登記part2

以前、ご主人がお亡くなり、妻がそのままご自宅で住まわれる場合


相続人にお子様が複数おられて、実際に同居していないのであれば、

不動産の名義は、妻の名義にした方がよいと思います



よくあるのですが、その妻自身が「私も高齢だから、私の名義にするのは無駄ではないか」


「子供達が、私が死んだ後、相続手続きをもう一度行う必要が出てくるから、この際、子供の名義にしておきたい」と仰ることがあります


それに対して私は


「○○さん、長生きしていただきたいし、無駄と言うことはないですよ。」


「○○さんのところは、そうならないとは思いますが、私の知りうる限り、残念ながら、ご病気や事故などで、先に旅立つお子様がおられます」


「こればかりは、誰にも分かりません。万一、お子様の名義に変更した上で、先にお子様がお亡くなりなった場合、その不動産は、そのお子様の配偶者、その子供達のものとなります(相続人の相続関係により、○○さんが相続人になる場合もある)」


「不動産の所有権が相続によって、お子様の相続人の方に移った場合、○○さんは他人のお家に住んでいる人という、とても困った立場の人になってしまいます」


「また、○○さんが今後、バリアフリーの整ったマンションや施設入所への転居を考えられた時、ご自身の名義にしておくと、その売却代金をあてることが出来ます」


などなど、他にも個別の事情に合わせて色々とお話しします


だいたい、この話が終わると、じゃあ、私の名義にしようかしらって言ってもらえます。



ちなみに、妻の名義にした方がよいというのは、私の個人的な見解なので、必ず妻の名義にしなければならないという訳ではありませんし、私自身もこれが唯一の正解とも思っておりません

個別の事情にもよりますし(同居されている、再婚で別にお子様がいるなどなど)、法律によっても変わるかもしれません


個別の事案が終わるたびに、これで良かったのかな、こうした方が良かったのでは、

こう伝えた方が良かったのではと考え続けております


完了したことをお伝えして、ご依頼者さんが笑顔になってもらえるよう考え続けて、勉強し続けたいと思います

最新記事

すべて表示

相続登記

司法書士のお仕事にお亡くなりになった方が所有していた不動産の名義を相続人の方へ変更する登記を行うものがあります。 ご主人と奥様がご自宅で二人暮らしをされている お子様は既に独立し、不動産を所有されている この度、ご主人がお亡くなりなったという場合 ご主人名義のご自宅不動産を相続人の名義に変更する必要があります。 そこで奥様が私のような司法書士を訪ねられて相談を受けるということがあります。 奥様とし

Commentaires


bottom of page